斉藤ノヴ パーカッショニスト 1950.11.6生れ 京都市出身

NOBU SAITO : Percussion, Compose, Sound produce   Birth : 6.Nov. 1950 KYOTO

1950年
11月6日、 京都市下京区に生まれる。

1953年
バイオリンを習い始める。

1961年
『琴姫七変化』(日本テレビ)で子役デビュー。

1963年
テレビ・ドラマ『宇宙Gメン』(日本テレビ、レギュラー:達夫役)、『姿三四郎』(フジテレビ)に出演。
映画『伊賀の影丸』に出演(大八役)、松方弘樹と共演する。

1964年
テレビ・ドラマ『白馬の剣士』に出演。山城新伍と共演する。
この頃からドラムを始める。

1966年
ビートルズの来日公演を見て、音楽の道に進むことを決意。

1967年
上京。浜口庫之助「リズム・ミュージック・カレッジ」へ入り、リズム・レッスンを受ける。ここでビリー・バンバン、辺見マリ、北原ミレイ、せんだみつおらと共に学んだ。

1968年
下田逸郎と出会い、シモンサイを結成。パーカッショニストとして初めて活動。
天井桟敷の『星の王子様』にシモンサイで参加。

1969年
東京キッド・ブラザーズと共演。ここで、当時10代だった吉田美奈子と出会う。

1970年
シモンサイ、「モーニング・サービス/霧が深いよ」で、デビュー。

1972年
浅川マキの「翔べないカラス」に参加。これがセッション・ミュージシャンとしての初レコーディング。
南正人、りりィなどと共演。
ティン・パン・アレーに参加。

1974年
林立夫の紹介で松任谷由実のアルバム『MISSLIM』に参加。以降、ユーミンのアルバムには欠かせない存在となる。
りりィのバック・バンドとして、"バイ・バイ・セッション・バンド"結成。土屋昌巳、伊藤銀次、吉田建、茂木由多加、坂本龍一などがメンバーとして参加していた。

1976年
サディスティックスに参加。

1977年
後藤次利、クリス・パーカー(スタッフ)などとニューヨークで録音した、初リーダー・アルバム『VIRGIN TERRITORY』リリース。
松崎しげるの「セイリング ラブ」で、第6回東京音楽祭編曲賞受賞。

1978年
サザンオールスターズの「勝手にシンドバット」をリズム・アレンジ。
松任谷由実の葉山マリーナ・サマー・リゾート・コンサートに参加。

1979年
2月 「黄色いさくらんぼ/斉藤ノヴ、Joanie Davies」リリース。

1980年
パラシュートを結成。4月、デビュー・アルバム『PARACHUTE FROM ASIAN PORT』をリリース。
12月 パラシュート、『6 kinds 6 sizes』をリリース。

1981年
6月 パラシュート、『HAERE MAI』を リリース。

1982年
5月 パラシュート、『Sylvia』 をリリース。全国ツアーも行なうが、その後解散。

1983年
AKA-GUY結成、ライブ活動を開始。松原正樹のアルバム『ペインテッド・ウーマン』にAKA-GUYで参加。

1985年
吉田拓郎の"ONE LAST NIGHT IN つま恋"に参加。

1986年
8月31日 AKA-GUY、ファースト・アルバム『AKA-GUY』リリース。
ラジオ関西「ウキ!ウキ!スマビーチクラブ」DJとして活動。
中島みゆきのライブに参加する一方、パーカッショニストとしてだけでなく、アレンジ、作詞(三原順子・中森明菜他)、作曲(田中好子他)活動や、CM音楽及び環境B.G.M、新人アーティストのサウンド・プロデュースなどもを手掛ける。

1988年
中島みゆきの全国ツアーにバンド・マスターとして参加。
角松敏生のインストツアーに参加。
この年に行なったソロ・ライブが、NOBU CAINE結成のきっかけとなる。

1989年
1月25日 NOBU-CAINE、ファースト・アルバム『NOBU CAINE』をリリース。
渡辺貞夫グループに参加。
かまやつひろしとのライブ活動を始め、堺正章のセッションにも参加。
角松敏生、中島みゆきのツアーに参加。
「イカすバンド天国」(TBS)のレギュラー審査員として活躍。

1990年
11月21日 NOBU-CAINE、『NOBU CAINE U』をリリース。
11月〜12月 中島みゆきのシアター・コクーン・ライブ『夜会』に参加。
12月 渡辺貞夫のクリスマス・チャリティ・ライブに参加。

1991年
1月 NOBU CAINEホール・コンサート。
2月 「ごきげんよう」(フジテレビ)にムッシュともに出演。
2月 「タモリの音楽は世界だ」(テレビ東京)ゲストとして出演。
3月 「すばらしき仲間たち」(TBS)のテーマ音楽制作。
4月 「タモリの音楽は世界だ」に、NOBU-SONSがハウス・バンドとしてレギュラー出演。
渡辺貞夫のジャズ・フェスティバルに出演。
ジョー山中のツアーに参加。
「やまだかつてないバンド」に参加。

1991年
11月1日 『NOBU-SONS IN CLASSICS』をリリース。
11月12日 NOBU-SONSの初ライブ(青山スパイラル・ホール)。

1992年
1月〜2月 渡辺貞夫のアフリカ・ツアーに参加、現地で高い評価を受ける。
10月 能楽師・観世栄夫氏と共演。

1993年
5月 プロデュースを手がけた吉弘千鶴子(key)のデビュー・アルバム『コンシャス・マインド』リリース。
西田ひかるのコンサート・ツアーにサウンド・プロデューサーとして参加。その後ニューアルバムのプロデュースも手掛ける。
10月25日 NOBU-ZANSのアルバム『MADE BY WOOD I - UNPLUGGED X'mas Light』 『MADE BY WOOD II - UNPLUGGED Peaceful Winter』リリース。

1994年
5月 サウンド・プロデュースを手がけた西田ひかるの「きっと愛がある」リリース。
夏 SING LIKE TALKINGのツアーに参加。
「水辺音楽祭」「中野スーパーセッション」等のイベントの音楽構成、サウンド・プロデュースを手掛ける。
7月 サウンド・プロデュースを手がけたSee-Sawのシングル「スレンダーカメレオン」リリース。
8月 サウンド・プロデュースを手がけた西田ひかるのアルバム 『LOVE ALWAYS』リリース。
8月 サウンド・プロデュースを手がけたSee-Sawのシングル『素肌ノーメイク』(フジテレビ 『Rooms』エンディングテーマ)リリース。
10月 サウンド・プロデュースを手がけたSee-Sawのアルバム『See-Saw』リリース。
年末 「新春かくし芸大会」(フジテレビ)で、堺正章にティンバレスの指導。

1995年
2月 サウンド・プロデュースを手がけたSee-Sawのシングル「また会えるから」(映画『ルビーフルーツ』エンディング・テーマ)リリース。 
3月 サウンド・プロデュースを手がけた西田ひかるのシングル「人生変えちゃう夏かもね/楽園伝説」(アサヒビールZ/ハウスフルーチェ CMソング)リリース。
4月21日 NOBU-CAINE、『熱烈天子』をリリース。
4月 サウンド・プロデュースを手がけたTHE TRANSFORMERSのシングル「悲しき街角」リリース。
8月 サウンド・プロデュースを手がけた西田ひかるのシングル「C'mon3!」(ドラマ『夏デパート物語』主題歌)リリース。
8月 サウンド・プロデュースを手がけたSWEET BEAT SWING + HIKARUのシングル「GO PARADISE」(JR西日本CMソング)リリース。
9月 サウンド・プロデュースを手がけた西田ひかるのアルバム『A FILE OF LIFE』リリース。
中島みゆきの全国ツアーに続き、香港に進出、地元でも高い評価を受ける。
谷村新司アリーナ・ツアー、青山劇場コンサート等に参加。
中西圭三のコンサートのサウンド・プロデュースを手掛ける。

1996年
荒井由実"Yumi Arai The Concert with old Friends"に参加。
10月18日 NOBU CAINE、『IGNITION』をリリース。
10月 ゲーム・ソフト『TOWER DREAM』 の音楽をプロデュース。

1997年
この年より、SAITO NOBU Special Nights in ARENA "宴". を恒例ライブとして行なう。
SIMBA SALOONを結成プロデュース、「La La La Latin Disco」でデビュー。
10月25日 斉藤ノヴ、今野多久郎、重実徹を中心としたユニットA.R.O.のアルバム『ORIENTAL AFRICAN』リリース。

1998年
6月 本人プレゼンツによる、全国8ヶ所のインストゥルメンタル・ツアーを敢行。
ゲーム・ソフト『TOWER DREAM II』 の音楽をプロデュース。
サウンド・プロデュースを手がけた稲垣潤一のマキシ・シングル『J.'S LOVE SONG』リリース。

1999年
6月 NOBU CAINE活動停止。

2000年
4月 FMヨコハマ「SUPER NOBU SESSION」のパーソナリティを始める。
杏里のライブ・ツアーに参加。
9月21日 NOBU CAINE、ラスト・アルバム『encore』をリリース。
12月31日 地元京都にて「炎の祭典」にソロで参加、岩座(いわくら)の火祭りと共に、20分に及ぶソロプレイで20世紀の幕を閉じる。

2001年
4月より 「エブナイSAT"バンドの星"」(フジテレビ)で審査委員長を務める。
5月23日 ツムラ「クールバスクリン」のために書き下ろした「LOVE MAKES YOUR SMILE」(vo: KONISHIKI)がリリース。
松任谷由実のプライベートライブ in LAに参加。
6月 高中正義のアルバム『The Man With The Guitar』のレコーディングに参加。
7月 杏里のライブ・ツアーに参加。
9月2日 SUPER NOBU SESSION スーパー・ライブ(中野サンプラザ)。
春畑道哉と全国9カ所ツアー。

2002年
5月 レイ・パーカー・Jr.のジャパン・ツアーに参加。同年10月に発売になった同ツアーのライブ・アルバム『RAY PARKER JR. with STATE OF THE RHYTHM』をプロデュース。
5月 プロデュースを手がけた西田ひかるのアルバム『Love For All Seasons』リリース。
6月 SUPER NOBU SESSION スーパーライブ(中野サンプラザ)
8月 FM大阪「斉藤ノヴのNIGHT JAM」がスタートし。2003年2月に大阪なんばハッチにてこの番組のライブイベントが行われた。
10月栃木・岩船山クリフステージサウンドフェスタ2002をプロデユース。

2003年
2月 「斉藤ノヴのNIGHT JAM」のライブ・イベント(大阪なんばハッチ)。
4月 プロデュースを手がけたKONISHIKIのシングル「アイ・リメンバー...〜みんなともだち I Remember... 」がリリース
5月 CROSSOVER JAPAN '03でパラシュート再結成。
6月 SUPER NOBU SESSION スーパーライブ(中野サンプラザ)
7月23日 Vibes、デビュー・アルバム『Vibes』をリリース。
宮城・志津川湾夏まつり40周年記念『志津川ベイサイド・サマー・ライブ2003』をプロデュース。
11月 北九州メディアドームで行われた「パーカッションの祭典」に出演。

2004年
2月25日 Vibesのファースト・シングル「In Your Eyes」(フジテレビ『奇跡体験アンビリーバボー』エンディング・テーマ)をリリース。
4月2日 Vibesのセカンド・アルバム『Vibes U』をリリース。
5月 Vibesのライブ(川崎クラブ・チッタ)開催。「MUSIC INDEX」(BSフジ)でオンエア。
5月 CROSSOVER JAPAN '04に藤井尚之、後藤次利と出演し、これがNon Chords結成のきっかけとなる。
7月より 札幌のFMラジオ・ノスタルジア「斉藤ノヴのミュージックファン」がスタート。
8月 阿波踊りサウンド・フェスティバル2004」(徳島)をプロデュース。
11月 サウンド・プロデュースを手がけた稲垣潤一のミニ・アルバム『Revival U』リリース。その後レコーディング・メンバーで全国ツアーを行う。
11月3日 Non Chordsのデビュー・アルバム『Non Chords』をリリース。

2005年
6月1日 Non Chords、『Tracing Point』をリリース。
Non Chords、全国ツアーを2回行なう。
6月 Non Chords、CROSS OVER JAPAN '05に出演
藤井フミヤカウントダウンライブへの出演等精力的に活動を続けた
10月 京都の青蓮院門跡「ご本尊熾盛光如来ご開帳記念特別奉納コンサート」をプロデュース。
11月2日 Non Chords、『Taboo』をリリース。

2006年
2月1日 Non Chords、前年のツアーの模様を収録したCD『Non Chords Live Tour 2005 "Tracing Point" in Osaka』とDVD『Non Chords Live Tour 2005 "Tracing Point" in Tokyo』を同時リリース。
3月15日 GIBIER du MARIEのデビュー・アルバム『GIBIER du MARIE』をリリース。 クアトロ・ツアーも行なう。
8月 長野・野辺山にて行われた「SUMMER GROOVE IN NOBEYAMA2006」をプロデュースし、全出演バンドに参加。
12月31日 GIBIER du MARIEカウントダウン・ライブ(COTTON CLUB)。

2007年
2月 東京文化会館にて行われた「音楽の匠」 4th Nightをプロデュース。
ヤマハ・エレクトーン・コンクール2006ウイナーズ・コンサート/ウイナーズセッションに出演。
5月 夏木マリのシングル「リンダリンダ」リリース。
7月 GIBIER du MARIEのセカンド・アルバム『GIBIER du MARIE 2』をリリース。
GIBIER du MARIE、東名阪ツアーと国内最大級ライブイベント「a- nation」への出演を果たす。
11月 サウンド・プロデュースを手がけた中川晃教のマキシ・シングル「終らないクリスマス」がリリース。
12月31日 GIBIER du MARIEカウントダウン・ライブ(COTTON CLUB)。

2008年
1月 新春かくし芸大会(フジテレビ)「ヘキサゴン・ミュージック・パ レード〜チンプン管プン元気よく〜」と 「イケメンジャンパーズ」の2演目を、打楽器指導及びプロデュース。

3月 東京文化会館にて行われた「音楽の匠」 5th Nightをプロデュース。
GODIEGOのコンサートにゲスト出演。
中川晃教のツアーにサウンド・プロデューサー&バンド・マスターとして参加。

6月 GIBIER du MARIEの名古屋、大阪、福岡をツアー。
バングラディシュに赴き、支援活動、現地の人たちと交流をはかる。

7月 内田勘太郎とブルースカイブルーのアルバムをレコーディング
7月7日 村上"ポンタ"秀一率いる、7人のトップミュージシャンが集まったスペシャルユニット"7(seven)"のアルバムがリリース。
7月19日「響 Collaboration」(中津川市東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホール)で、桑名正博、茶木みやこと共にライブ。

8月10日「おきなわんミュージック Vol.6」(七ヶ浜国際村ホール)に参加。内田勘太郎と共にステージを盛り上げる。

9月14日夏木マリと共に「金沢の夕焼け祭り」に参加
9 - 10月Billboard大阪と東京で7(seven)"初のライブツアー
9月からスタートした高中正義の東名阪ツアーに参加。

10月ムッシュかまやつ、木村充揮(元憂歌団のヴォーカル)と北陸ツアー。
10月4日ジャニスジョプリン命日ライブイベント「pearl」にGIBIE de MARIEで出演

11月「YAMAHAエレクトーンコンクール2008」の審査員を務める。
11月19日31年ぶりとなる斉藤ノヴ名義のソロ・アルバム『Zen』をリリース。

12月内田勘太郎とブルースカイブルー 秩父・東北方面ツアー、好評を得る。
12月8日「第8回 ジョンレノン スーパーライブ」に夏木マリと共に参加

2009年
2月「YAMAHAエレクトーンコンクール」ファイナルの審査員を務める。

3月21日 中野サンプラザで行われた、CX「朝のヒットスタジオコンサート」で織田哲郎のサポートで出演する。

4月夏木マリ印象派NEO「わたしたちの赤ずきん」の音楽監督を務める
4 - 5月 内田勘太郎とブルースカイブルー 関西・九州方面ツアー

7月「斉藤ノヴと凄い仲間たち」 初の関西地区ツアーを行う。

8月東京目黒ブルースアレイで久々のSANTANA ライブを行う。
8月内田勘太郎とブルースカイブルー 沖縄ツアー。

9 - 10月高中正義 東名阪ツアーに参加。

10月 内田勘太郎とブルースカイブルー 北陸ツアー

11月 大阪で開催された、「YAMAHAジュニアエレクトーンフェスティバル2009全日本大会」の審査員を務める。

12月22日鎌倉にて、織田哲郎ライブのサポートで、この年の幕を閉じる。

2010年
1月GIBIE du MARIE「One of Love」名古屋、東京だけのスペシャルライブツアーを行う。

3月自身こだわりのライブ「斉藤ノヴと凄い仲間達・番外編」「SANTANA de NIGHT」を東京目黒ブルースアレイで行う。

4月日野皓正「アーバンコネクション」ライブに参加する。
4月NHK「愛の劇場」にGIBIE du MARIEで出演する。
4-5月GIBIE du MARIE 東京・大阪 Billboard ライブを行う。

7月フランス・パリ ノールヴィルパント展示会会場で行われたアニメと日本文化のフェスティバル「11th JAPAN EXPO」
にGIBIE du MARIEで参加。好評を得る。
また、ローマ ティベリー島で開催された、日本文化と映画の祭典
「UN'ISOLA DEL GIAPPONE」に出演し、高い評価を受けた。
7月7(seven)〜returns〜東名阪ツアーを行う。

8月恒例の「斉藤ノヴと凄い仲間たち・SANTANA de NIGHT」東京・名古屋・京都でライブを行い、好評を得る

9月高中正義40周年前年祭「軽井沢白昼夢」東京・大阪・名古屋ツアーに参加
9月NHK「SONGS」に南佳孝のサポートで出演する。

10月世界文化遺産である京都上賀茂神社で開催された「第17回にっぽんと遊ぼう」に出演し、オーストラリア出身の
天才ギタリスト兄弟デュオ、スラヴァ・グリゴリアン&レオナルド・グリゴリアンとも共演。

11月2日〜7日還暦ライブ 決行!!音楽業界に衝撃を与える。2010年
11月TBS 日本有線大賞植村花菜のサポートで出演。

12月FM802 マリークリスマスに夏木マリとゲスト出演。初の京都北山倶楽部にて「SANTAナNIGHT」のライブを行い好評を得る。

2011年
1月 YAMAHAエレクトーンコンクール」ファイナルの審査員を務める。
「7(seven) returns」 リリース記念ライヴをBAJで行う。

2月19日「"HIBARI 7 DAYS"フィルム、トーク&ライブ!!」世田谷パブリックシアターにGIBIER du MARIE&スペシャルゲストで出演、高い評価を得る。

3月「夏木マリVS土屋アンナ LIVE 〜春になったら〜」渋谷プレジャープレジャーにてサウンドプロデュース&出演。
「にっぽん丸 春の瀬戸内海・小豆島クルーズ 夏木マリコンサート」に出演
「200th KIRIN LAGER CLUB キリンラガークラブ200回記念〜祝宴〜"POP NIGHT"」
渋谷クアトロにて斉藤ノヴと凄い仲間たち(本多雅人、櫻井哲夫、古川望、重実 徹、則竹 裕之)と夏木マリ、南佳孝、coba、ブレッド&バターとのセッションライブを行う。

4月 矢口史靖監督映画「ロボジー」の音楽に参加。
4月—5月「LIVE 夏木マリ(GIBIER du MARIE)BIRTHDAY LIVE TOUR 2011」ビルボード東京、GIBIER du MARIEで出演。

5月「ギター・マガジン・フェスティバル2011」JCBホールに高中正義のサポートで出演。
「LIVE 夏木マリ(GIBIER du MARIE)BIRTHDAY LIVE TOUR 2011」ビルボード大阪に出演

6月 恒例の「夏木マリGUEST久保田利伸 LIVE 〜夏になったら〜」渋谷プレジャープレジャーにてサウンドプロデュース&出演。

21日毎年恒例の支援活動「One of Love Vol.2 東日本大震災支援プロジェクトGIG」にプロデュース&出演。
「角松敏生 30周年アニバーサリーライブ」横浜アリーナにゲスト出演
29日ロンドンの「O2 Academy」でU2のプロデューサー主催のBlastbeatにゲスト出演
参加ミュージシャン
グラミー賞受賞者でアレンジャー&キーボードSimon Hale
インコグニートのドラマーDurren Abraham
シンプリーレッドのギター鈴木ケンジ,
ベース原田クマ
夏木マリ,小柳ゆき,中ノ森文子,鈴木ナオミ

7月ヤマハ音楽振興会の「Aライセンス講師研修会」「ヤマハなんばセンター講習会」にて講師を務める。
木村充揮、内田勘太郎、寺岡呼人と共にフジロックに出演「団」として鮮烈なデビューライブを行う

8月BAJにて「201st KIRIN LAGER CLUB Persents  NOBU SAITO Special 2days」      
斉藤ノヴとすごい仲間達とSANTANA de NIGHTをプロデュース&出演


斉藤ノヴ 〜 デビューへの道のり